リラクゼーションは資格なしでも働ける!マッサージとの違いを知ろう

最近、日頃の疲れを癒したり身体の痛みを和らげたりしてくれることから、リラクゼーションサロンが話題になっています。

マッサージ屋さん・足つぼ屋さん・温泉施設の癒し処など、街中でも見つけることができて、気軽に行けますよね。

お店では、様々なスタッフが施術をしていますが、実はリラクゼーションサロンでは資格なしでも働くことができます!

しかし資格なしでも、十分な知識を持ったうえで働く必要がありますよ。

十分な知識がないと、最悪の場合罪に問われてしまう恐れがあるのです…。

今回は、資格なしの人がリラクゼーションでできることはどういった内容なのか、マッサージとの違いも含めて、詳しくお教えします。

マッサージとの違いを知り、十分な知識を身につけることで、あなたの今後の仕事の幅が広がるかもしれませんよ。

 

リラクゼーションサロンでは資格なしでも働ける!

 

リラクゼーションに関する仕事は色々あります。

一般的に、人体に被害を与えず、医療行為でないリラクゼーションであれば、資格なしで働くことが可能とされています!

リラクゼーションサロンには、脱毛・リンパトリートメント・アロマ施術・もみほぐし・足つぼなど、色々ありますよね。

リラクゼーションとは、肉体的・精神的な緊張をほぐして、リラックスさせる行為や施術のことを指しますよ。

資格なしでリラクゼーションを行う場合の、主な2つの方法は以下の通りです。

資格なしでリラクゼーション業務を行う方法2選
  1. 無資格でも大丈夫なお店を探して働く
  2. 正社員としてではなくアルバイトとして雇ってもらう

しかし、リラクゼーションサロンでも経験や、民間資格が必要とされるお店はあるので、よく調べることが大切ですよ。

ちなみに、リラクゼーションと似ているマッサージについては、国家資格が必要となります。

実は、鍼師やあんまマッサージ指圧師などは、リラクゼーションではなく、マッサージとして扱われているのです!

この場合、資格なしで施術することは禁止されており、施術してしまうと罪に問われてしまいます。

リラクゼーションとマッサージの違いについては、後ほど詳しくご説明しますね。

まずは、資格なしでリラクゼーション業務を行うための2つの方法について、詳しく見ていきましょう!

 

無資格でも大丈夫なお店を探して働く

もみほぐし・足つぼなどをするリラクゼーションサロンでは、「資格なしでも大歓迎!」といった求人が出ているのをよく見かけます。

資格なしでも働くことができるお店はたくさんありますよ。

そういったところで働くことになれば、一定期間の研修を行い、施術や接客のスキルを身につけてから実際の業務を任されることになると思います。

しかしリラクゼーションサロンでも、経験豊富な人や、民間資格を取得している人を優遇するお店があります。

そういったお店で働きはじめるには、少し難易度が高いかもしれませんね。

あなたが働くことができそうなお店をよく調べて、少しずつ経験を積んでいきましょう!

 

正社員としてではなくアルバイトとして雇ってもらう

正社員としてではなく、アルバイトとしてなら雇ってもらえるところもあります。

アルバイトの求人では比較的、未経験者や資格なしでも可能といったお店が多いです。

アルバイトの場合でも、研修などを経験したうえで実際の業務を任されます。

雇用形態は違うものの、正社員と同様に必要なスキルを学ぶことができますよ!

まずはアルバイトとして働いてみて、どういった仕事内容なのか、あなたに合っているかどうか、適性を見分けるためにチャレンジしてみても良いですね。

 

リラクゼーション施術は資格なしでもできるがマッサージはできない

資格なしでも、癒しを与えることを目的としたリラクゼーションは施術可能ですが、マッサージは資格なしではできません。

「あん摩マッサージ指圧師免許」という国家資格を取得しなければ、マッサージを行うことはできないとされています。

一般的に、リラクゼーションの中でも、癒しを与えることが目的ではなく、身体の疲れ・不調を改善するための治療を目的としたものをマッサージと言うみたいですよ。

ちなみに医師免許の資格を取得していれば、マッサージをすることは可能です。

じゃあ資格なしの人が、近くのもみほぐし屋さんや、温泉施設でマッサージしているのはどうしてだろう?

それは、これらの場所で行っているのはマッサージではないからです。

あなたが今まで認識していた、マッサージと思われている行為は、実はもみほぐしという行為なのです!

 

マッサージともみほぐしの主な違いは資格の有無である

マッサージともみほぐしの違いは、主に資格の有無で決まります。

資格ありの人は「マッサージ」、資格なしの人はマッサージができないことから「もみほぐし」という言い方になります。

では、マッサージともみほぐしの違いは、言い方の他にもあるのでしょうか。

これについては、法律にも明確な違いが書かれておらず、あいまいな部分が多いみたいです。

しかし、これらの違いは施術の目的にもあります。

マッサージともみほぐしの目的は、以下の通りです。

施術方法 目的
マッサージ 症状を改善すること
もみほぐし 心身を癒すこと

マッサージは医療の一環として行われるものですが、もみほぐしは身体の治療というより、あくまでも癒しが目的のようですね。

もしもあなたが資格を持っていれば、首や肩などに痛みが生じたお客様がいた場合、診察をして治療をすることが可能です。

しかし、資格なしでは治療行為を行うことはできません。

資格なしでもリラクゼーションは行えますが、やはり資格を持っていた方があらゆる場面で対応ができそうですね!

 

資格なしでマッサージをすることは違法!

では、資格なしでマッサージ行為を行ってしまった場合、どうなるのでしょうか?

厚生労働省の資料では、資格なしでマッサージ行為を行ったものは処罰の対象となる、ということが記載されています。

もしあなたが、資格なしでマッサージを医療行為として行うと、罪に問われてしまうのです。

最悪の場合には、逮捕されてしまう可能性もありますよ。

そういえば確かに、「無資格の外国人がマッサージ行為をして、逮捕された。」というニュースを見かけたことがあります。

先ほどもお伝えしましたが、マッサージは治療が目的で、もみほぐしは癒しが目的となります。

「資格なしで治療を行い、お客様に怪我をさせてしまった…。」なんてことになったら大変ですよ。

マッサージともみほぐしの違いは、ちゃんと理解しておきましょう!

 

リラクゼーションは資格なしでも十分な知識は必要!

リラクゼーションは、もみほぐしとして施術する際は資格なしでも可能ですが、それでも知識を身につけることは大切です!

マッサージを行う際には、国家資格を取得しなければなりませんでしたよね。

国家試験を受けるとなると、認定学校や養成施設で3年以上必要な知識を学ぶ必要があります。

しかし、そこまでして資格を取得するのは時間や労力が必要となり、なかなか簡単なことではありませんよね…。

しかし、知識や技術をしっかりと身につけることは必須ですよ。

リラクゼーションにおける知識や資格をもっていることの、主なメリットは以下の通りです。

リラクゼーションの知識や資格をもっていることのメリット3選
  1. 自信を持って施術ができる
  2. お客さんからの信頼に繋がる
  3. 独立することに対しての抵抗が少なくなる

国家資格だけでなく、リラクゼーションなどの癒しジャンルには民間資格がたくさんあります!

通信講座で取得できる資格もたくさんあるのでおすすめですよ。

すでにリラクゼーションサロンで働いている場合でも、資格取得を目指すことで、より新しい技術や知識を身につけることができます。

今のあなたのスキルと組み合わせることで、施術にも活かすことができるのではないでしょうか。

できるだけ多くの知識を身につけることで、仕事の幅も広がりそうですね。

それではこの3つのメリットを、見ていきましょう。

 

自信を持ってお客様に施術することができる

ちゃんとした知識や技術を身につけておくことで、自身を持ってお客様に安全な施術を提供することができますよ。

リラクゼーションの仕事は、お客様の身体に直接アプローチをします。

逆に十分な知識がないと、「お客様の身体にかえって負担をかけてしまい、施術前よりも調子を悪くさせてしまった…。」なんてことになりかねません。

あなたにとっても、お客様にとっても、正しい知識を身に付けることは大切ですよ!

 

お客様からの信頼を得られやすくなる

十分な知識を身につけていることで、お客様からの信頼を得られやすくなります。

特に、初めてお店を訪ねてきたお客様にとって、あなたは初対面ですよね。

そんなお客様から信頼を得るためには、知識が十分にあることを知ってもらえるのが一番ではないでしょうか。

勉強をして知識が豊富な人の方が、信頼できるのは言うまでもありませんよね。

ちなみに、資格があったほうがよりお客様からの信頼を得ることができますよ!

資格は、「お金や時間をかけて、十分に勉強をした。」という証拠になります。

また就職活動をする際にも、資格があることで仕事の幅が広がると思いますよ。

 

独立することに対しての抵抗が少なくなる

もしあなたが、独立して開業をすることを考えている場合は、資格があると非常に心強いです。

ちゃんとした知識を身につけていれば、お客様からの信頼は十分に得ることができます。

しかし、資格なしよりも、資格ありのほうがお客様にもアピールしやすいですよね!

特に自宅サロンや、個人経営でのサロンではあなたのプロフィールはとても大事になってきます。

私も、初めての病院やサロンを調べるときは、スタッフはどんな経歴なのか、どんな資格を持っているか、などと念入りに調べています。

資格の有無も、大きな判断材料になるでしょう。

資格なしだと独立して開業できないわけではありませんが、信頼やアピールにもつながるので、持っておいて損はないですよ!

 

リラクゼーションの資格はないよりもあるほうが良い!

資格なしでも、研修などで技術や知識を十分に身につけていれば問題ありませんが、それでも資格は取得するのがおすすめです。

民間資格だと種類も豊富で、国家資格よりも気軽に取得をすることができます。

民間資格を取得するために学んだたくさんの知識や技術は、決して無駄にはならないでしょう。

あらゆる場面で応用することができ、技術を磨いていくことでさらに発展させることも期待できます!

仕事の幅を広げるためにも、ぜひ資格の取得に挑戦してみてくださいね。

 

まとめ

  • リラクゼーションサロンは資格なしでも働くことが可能である
  • マッサージを資格なしですることは禁止されており、法律に違反する
  • マッサージという言葉を使用して、お店の看板を出すことは違法ではない
  • リラクゼーションの中でも、癒しを与えることが目的ではなく、身体の疲れや不調を改善するための治療を目的としたものをマッサージという
  • マッサージともみほぐしの違いは主に資格の有無で決まり、施術目的にも違いがある
  • マッサージは治療の一環として行われるが、もみほぐしはあくまでも癒しが目的である
  • リラクゼーションは、もみほぐしとして施術する際は資格なしでも可能だが、知識を身につけることは大切である
  • 資格なしでも、技術や知識を十分に身につけていれば問題ないが、資格は取得するのがおすすめ

マッサージと似ているもみほぐしは資格なしでも可能ですが、十分な知識や技術を身につけるだけでなく、マッサージとの違いもよく理解して施術しなければなりません。

研修会や勉強会などでスキルアップを続けていき、機会があれば積極的に資格を取得してみましょう!

どうも、Dasiです。

 

在宅副業でゆるくたのしくのんびり
普段の生活にゆとりを持ちながら
副業で

・ライティング
・ブログ
・アドセンス
・楽天、Amazon
・外注独自教材、企画
・コミュニティ
などで
余裕で毎月10万円以上を稼いでいます。

他も合わせたら
最高月収67万円ほど稼ぐことができました!!

 

ですが過去の自分は

 

・留年、休学、復学、退学
・うつ病
・自律神経失調症
・引きこもり
・ノウハウコレクター

と散々なものでした。

 

しかし、特典でお渡ししている
ライティングを学んだら
人生がどんどん好転していきました。

 

ブラック企業から
不当解雇にもあいましたが

今では福祉系の会社で
優しいスタッフ達に囲まれ
楽しく働いています。

 

2022年1月に入籍、10月に結婚式を挙げました。

 

今はPC一台で
1日60分程度の作業で
毎月10万円〜67万円まで稼ぐ力も身に付きました。

 

そんな経験をしてきた自分だからこそ
伝えられることがあるんじゃないか?と思い
情報発信を始めました。

 

・在宅でやりたい
・副業で稼ぎたい
・失敗したくない
・お金ない
・時間ない
・続かない
・ライティング、ブログで稼ぎたい
・記事を書くのが疲れた
・外注化は不安、踏み切れない
・ノウハウコレクターを抜け出したい
・現状、自分を変えたい

 

と思ってるいる方は
有料級の豪華特典を無料でプレゼントしていますので、ぜひぜひお受け取りください。

 

全て無料でプレゼントさせていただきます。

お金をもらいながらWebライティングを楽しく学びたい人はこちら

\予告なく終了する前にどうぞ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。