クラウドワークスの報酬の受け取り方は楽天が1番!確定申告は必要?

クラウドワークスの報酬の受け取り方を教えて!
のん
のん

クラウドワークスでもらった報酬の受け取り方は、口座振込だけです!

実は、クラウドワークスの出金方式や指定した銀行口座によっては、手数料が多くとられていることも。

私も手数料の高い銀行口座に設定していて、損していたんです~泣。

頑張って稼いだお金も手数料ばかり引かれていては、もったいない!

損する人がいなくなるよう、口座登録や振込日、出金期限などの報酬に関する情報にプラスして、手数料をおさえる出金方式について解説します。

今更聞けない、確定申告についても解説していきますよ♪

こんなあなたに読んでほしい

  • 報酬の受け取り方がわからない
  • 1番損しない方法で受け取りたい
  • 確定申告が必要かわからない

 

クラウドワークスでの報酬の受け取り方は銀行振込!

クラウドワークスで稼いだ報酬の受け取り方は、銀行振込だけです!

残念ながらクラウドワークスには、銀行振込以外の受け取り方がありません。

出金申請には期限があるので、振込不可になる前に口座を登録しましょう。

 

銀行口座の登録方法

プロフィール編集トップの振込先口座登録に口座情報を入力しましょう。

手順

  1. ログイン後のマイページで画面右上にあるアイコンとアカウント名の横の「▼」をクリック
  2. プロフィール編集をクリック
  3. プロフィール編集トップをスクロールして「振込先口座登録」をクリック
  4. 必要情報を入力

以上で、口座登録完了です♪ここからは、報酬の受け取り方の注意点を見ていきましょう。

 

【注意】報酬の受け取りには期限があります!

稼いだ分の出金期限は、報酬確定日から180日以内となっています!

180日以内に出金申請をしなければ、期限切れとなり手続きができなくなってしまいますので、注意してくださいね。

口座を登録する前でも仕事を受けられますが、期限内に必ず出金手続きをしましょう。

出金期限は、上の青いバー内にある「報酬」をクリックすると確認できますよ♪

 

振込は月末か翌月15日!急ぎならクイック出金で4日以内

クラウドワークスでは「15日締め・月末振込」または、「月末締め・翌月15日振込」の2パターンとなっています。

出金前審査もあるので、手続きの次の日にお金が振り込まれるというのは不可能です。

どうしてもすぐに欲しい場合は、クイック出金を使えば、報酬確定から4営業日以内に振り込まれますよ♪

クイック出金での受け取り方も、順を追って説明しますね。

 

クラウドワークスの報酬の振込方式【出金4パターン】

クラウドワークスの主な出金方式は3パターンですが、振込日まで待てない場合のクイック出金も便利です。

出金する度に手数料が発生し、出金せずに貯めておくと期限が切れてしまうこともあるので、しっかり見ておく必要がありますよ。

ここでは、この4つの出金方式について解説していきます。

  • 随時出金方式
  •  50,000円以上出金方式
  •  キャリーオーバー方式
  • クイック出金

毎月の報酬額によって、それぞれのメリットデメリットが変わるので、あなたにあった出金方法を選ぶといいですね♪

 

随時出金方式

随時出金方式とは、締日時点の未出金合計金額が1,000円以上の場合、次の支払い日に振り込まれるものです。

クラウドワークスでは、随時出金方式が標準設定になっています!

随時出金方式のメリットは、報酬が毎月決められた日に振り込まれることですね♪

毎月継続で報酬1,000円以上の仕事をしている場合は、お金の管理がしやすいです。

しかし、振り込まれる度に手数料が引かれるので、少しもったいない面がありますね。

毎月の未出金合計が2,000円で振込手数料525円の場合

随時出金方式【(2,000円-525円=振り込まれる金額)×6か月=8,850円】

キャリーオーバー方式【2,000円×6か月‐525円=11,475円】

手数料を引かれる回数が多くなりがちな随時出金方式だと損している印象です。

キャリーオーバー方式についても説明しますよ♪

 

50,000円以上出金方式

50,000円以上出金方式とは、締日時点の未出金報酬額が50,000円を超えたときの半月後に、報酬が振込まれるものです。

クラウドワークス内での報酬が毎月8,500円以上ある人で、毎月振り込まれなくても問題ないワーカーにおすすめです。

先ほどもお伝えしましたが、未出金には180日以内という出金期限があるので、6か月以内に50,000円以上稼げる人のみ有効ですね♪

毎月の報酬が8,500円で振込手数料が525円の場合

50,000円以上出金方式…【8,500円×6か月-525円=50,475円】

随時出金方…【(8,500円-525円=振り込まれる金額)×6か月=47,850円】

こんなにも差が出てきます。50,000円以上出金方式の方が毎月振込手数料が引かれない分、手元に来るお金も多いですね♪

 

キャリーオーバー方式

キャリーオーバー方式は、未出金の報酬額に関係なく、出金が繰り延べとなるものです。

普段はキャリーオーバー方式にしておいて、出金したいときに「随時出金方式」または「50,000円以上出金方式」へ変更しましょう。

口座登録をせずに報酬を得ている場合は、キャリーオーバー方式で繰り延べされています。

キャリーオーバー方式は、必要になったときに出金手続きができるので、手数料もおさえられますね♪

そしてキャリーオーバー方式の最大の魅力が、クイック出金ができることです!

 

クイック出金

振込日まで待っていられない、そんなあなたにおすすめなのがクイック出金です。

クイック出金を申請すれば、4営業日以内に振込してもらえますよ♪

クイック出金を申請できるのは、出金が確定していない報酬額だけです。

そのため、常にキャリーオーバー方式にしておく必要がありますよ。

クイック出金の申請には、本人確認が必要となっていますので注意してくださいね。

 

クラウドワークスの報酬から手数料はいくら引かれる?

クラウドワークスでは、銀行振込手数料とワーカーシステム利用料の2つの手数料が引かれます。

手数料0円にはなりませんが、振込先を楽天銀行にすれば安くすみますよ♪

 

振込手数料は楽天銀行が1番安い♪

クラウドワークスの振込手数料は105円~525円で、1番安いのは楽天銀行なんです!

楽天銀行なら105円ですが、それ以外の銀行は全て525円となっています。

月2回出金した場合の手数料を比較してみましょう。

楽天銀行…【手数料105円×2回=210円】

その他の銀行…【手数料525円×2回=1,050円】

なんと、1か月で840円も差が出てしまいます。840円はもったいない…。

クラウドワークスの報酬を受け取る際は、楽天銀行にしておきましょう!

 

振込手数料の他にワーカーシステム料が引かれる

クラウドワークスではシステム利用料が、ワーカー受け取り金額から引かれています。

未出金の報酬額が、クライアントと契約したときの金額より低いのはこのためです。

実は、契約金額が5,500円の場合、1,000円以上がシステム利用料に取られてしまうんです。

報酬額

システム利用料

20万円超の部分

5%

10万円超20万円以下の部分

10%

10万円以下の部分

20%

タスク形式での場合

20%

システム利用料は振込手数料のようにおさえることは難しいですが、知っておいて損はありませんね。

 

クラウドワークスの報酬で確定申告が不要になるケース

クラウドワークスの報酬で、確定申告が不要のケースは2パターンあります。

副業でも本業でも、所得次第では確定申告が必要になるので、ご自身の所得を把握しておきましょう。

確定申告が必要なのに手続きしていない場合は、罰則がありますので注意してください。

ここでよく出てくる「所得」とは、頂いた報酬額ではなく、必要経費を差し引いた金額ですよ。

パソコンでお仕事をしている場合は、インターネット代やパソコン機器代が必要経費にあたりますね。

 

【副業としての所得20万円以内】確定申告は不要

クラウドワークスでの仕事が副業にあたる場合は、年間所得20万円以内なら確定申告が不要です。

チェックしよう
  • 本業で正社員として働いていて、クラウドワークスは副業
  • 1月1日~12月31日までの副業所得は20万円以下

この2項目に該当するあなたは、確定申告の必要がありません。

会社員でも副業の所得が20万円を超える場合は、確定申告をしましょうね。

 

【本業としての所得48万円以下】確定申告は不要

クラウドワークスを本業とし、1年間の所得が48万円以下で、所得控除額の方が多い場合は、確定申告が不要です。

稼いだ所得よりも所得控除額の方が多い場合は、納付すべき税金がないので、確定申告が不要なんです♪

チェックしよう

  • 本業としてクラウドワークスで働き、1年間の所得が48万円以下
  • 1年間の所得よりも所得控除額の方が多い

専業主婦でクラウドワークスを利用している場合は、報酬が月2万円を超えるかどうかチェックしておきましょうね。

 

確定申告には源泉徴収票が必要!出し方解説

確定申告には、源泉徴収票と収入を証明できる書類が必要なんです。

源泉徴収がある案件のみ、クライアントから年明け以降に源泉徴収票が発行されます♪

また、収入を確認できる書類として「支払調書」を用意しましょう。

以下の手順でクラウドワークスから出力できますよ♪

支払調書の出金手順
  1. ログイン後のマイページの上部にある「契約一覧」をクリック
  2. 表示された案件をクリック(もっと前の案件を見たいときは、「終了した契約を表示する」から見られます)
  3. 画面中央の「帳票メニューを表示する」をクリック
  4. 「支払調書」をクリック
  5. プレビューで内容を確認する

源泉徴収がされていない仕事では「支払調書」を出せないので、入金の履歴が分かるように通帳の記帳をして保存しておきましょう。

 

まとめ

  • クラウドワークスでの報酬の受け取り方は、月2回の銀行振込のみで、出金手続きは180日以内と期限がある
  • 出金方法は、随時出金方式、 50,000円以上出金方式、キャリーオーバー方式、クイック出金の4パターンがある
  • クラウドワークスでは、銀行振込手数料とワーカーシステム利用料の2つの手数料が引かれる
  • 報酬の受け取り方は、手数料が105円で1番安い楽天銀行がおすすめで、その他銀行は525円かかる
  • クラウドワークスの報酬で確定申告が不要になる所得の基準は、副業で20万円以内、本業で48万円以内
  • 確定申告には、クライアントから発行される源泉徴収票と自分で出力する「支払調書」が必要

クラウドワークスには銀行口座以外での受け取り方はなく、出金期限や手数料にも注意が必要ですね!

この記事を読んで、口座の登録方法や出金方式、手数料に確定申告まで、報酬にまつわる「気になる!」を解決しましょう♪

どうも、Dasiです。

 

在宅副業でゆるくたのしくのんびり
普段の生活にゆとりを持ちながら

・ライティング
・ブログ
・アドセンス
・楽天、Amazon
・外注独自教材、企画
・コミュニティ

などで
余裕で毎月10万円以上を稼いでいます。

他も合わせたら
最高月収67万円ほど稼ぐことができました!!

 

ですが過去の自分は

 

・留年、休学、復学、退学
・うつ病
・自律神経失調症
・引きこもり
・ノウハウコレクター
・不当解雇

と散々なものでした。

 

過去の自分の様に苦しんでいる人に
何かしらのキッカケ、ご縁を結ぶ為に
無料特典をお渡ししています。

私は特典でお渡ししている
ライティングやブログを学んだら
人生がどんどん好転していきました。

 

それを実践してる人達が
徐々に人生が良くなっているのをみて
本当に嬉しいです。

 

私自身も2022年1月に入籍
10月に結婚式を挙げました。

 

今はPC一台で
1日60分程度の作業で
毎月10万円〜67万円まで
稼ぐ力も身に付きました。

 

そんな経験をしてきた自分だからこそ
伝えられることがあるんじゃないか?と思い
情報発信を始めました。

 

・在宅でやりたい
・副業で稼ぎたい
・失敗したくない
・お金ない
・時間ない
・続かない
・ライティング、ブログで稼ぎたい
・記事を書くのが疲れた
・外注化?なんか大変そう、、不安、踏み切れない
・ノウハウコレクターを抜け出したい
・現状、自分を変えたい

 

と思ってるいる方は
有料級の豪華特典を無料でプレゼントしていますので、ぜひぜひお受け取りください。

 

全て無料でプレゼントさせていただきます。

https://dasi01.jp/p/r/50PC2UnS

\予告なく終了する前にどうぞ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。