リラクゼーションとリラックスの違いを解説!癒し効果と種類もご紹介!

リラクゼーションもリラックスも「ゆっくりしたい」とか「のんびりしたい」など、身体を休めるという意味で使いますね。

ではこの2つの使い分け、文法の違いはどういうことでしょうか?

リラクゼーションは「くつろぎ」や「癒し」という名詞です。そしてリラックスは「くつろぐ」「癒す」という動詞です。

どちらも元は、英語の「relaxation」「relax」をカタカナで表したものです。

英語の文法だけではなく、リラクゼーションとリラックスの違いについてもっと詳しく知りたいな。

と思っているあなたにそれらの効果や、どんな種類があるのか解説します!効果や種類を知ることでボディケアでリラックスできることも間違いなしです。

 

リラクゼーションとリラックスの違い英語での意味は!

すでに答えは先に言ってしまいましたが、リラクゼーションは「くつろぎ」や「癒し」という名詞で、リラックスは「くつろぐ」「癒す」という動詞です。

英語の「relax」リラックスはカタカナ表記です。そして「relaxation」リラクゼーションは、日本人の間で広まった読み方です。

本来であれば、「relaxation」をカタカナ表記にすると「リラックスエーション」または「リラックセーション」となり、英語の発音により近いです。

 

リラクゼーションするが正解?リラックスするは間違い?

「リラックスする」は間違いとは言いませんが英語の意味を知ると「リラクゼーションする」という方がしっくりきます。

それは英語の「relaxation」と「relax」の意味の違いを理解すると納得していただけると思います。

relaxation リラクゼーション relax リラックス
名詞 自動詞 他動詞
  • 癒し
  • くつろぎ
  • 休息
  • 息抜き
  • 安静
  • 安息
  • 骨休め
  • のんびり
  • 和らぎ
  • 癒す
  • くつろぐ
  • 休息する
  • 息抜きする
  • 安静にする
  • 落ち着く
  • 力を抜く
  • のんびりする
  • 和らぐ
  • 癒される
  • くつろがせる
  • 緩める
  • 和らげる
  • のんびりさせる
  • 落ち着かせる

あー疲れた!今日はもう何もしたくない。「リラックスしたーい」と使いませんか?

実は英語の「relax」は動詞なので、「relaxする」ということは「リラックスするする」みたいな変な日本語になってしまいます。

英語の意味を理解した上での正しい言い方は、「リラックスする」というよりも「リラクゼーションする」というべきでしょうね。

しかし日本ではすでに「リラックスする」という言い方で広まり、この使い方で意味が通じています。

日本語としてならば、「リラックスする」という言い方は間違いではなさそうですね。

さてここからは、リラクゼーションによるリラックスの効果についてお話ししましょう!

ストレスを限界まで溜めすぎると知らないうちに、あなたの身体は悲鳴をあげています。

 

リラクゼーションによってリラックスできる効果とは?

リラクゼーションによってリラックスできる効果とは疲労回復やストレスの軽減、免疫力向上、血行促進、そして自律神経の乱れを整える。といった様々な効果があります。

ストレスによって日々の仕事や日常生活でも心理状態が不安定になり、ネガティブな気分や自律神経も乱れ、全てが悪循環になりますね。

ストレスがあるとホルモンバランスが変わり、コルチゾール(副腎皮質ホルモン、別名ストレスホルモン)が増え、反対にリラックスすることによってコルチゾールは減ります。

予防としてのリラクゼーション、ストレスを溜める前に心が癒されリラックスしたいですね。

 

リラクゼーションでストレスの軽減をするには

  • 好きなことをして心を癒す
  • リラクゼーションサロンなどの施術を受ける

<好きなことをして心を癒す>
自分が好きなことをして心が癒されている時間は、脳の緊張がほぐれリラクゼーション効果でリラックスできます。

休みを取ることもいいですね。都会の中で仕事をしているあなたは、少し電車を乗り継いで緑いっぱいの森の中や、潮風の心地良い海に出かけてみましょう。

好きな音楽を聴くことで気持ちもリラックスでき、ストレスも軽減されますね。

<リラクゼーションサロンなどの施術を受ける>
リラクゼーションサロンなどの施術を受けることによって、リラックス効果を得て精神疲労が改善し、ストレスが軽減されます。

「手当て」の言葉通り、リラクゼーションセラピストにほぐしてもらうと何倍もの効果が期待できますね。

肩こりの改善など身体の調子も整い、身体的な疲労を取り除くこともできます。

ストレスが溜まるとイライラしたり、暴力的になったり、いろいろな感情が出てきます。

そうなる前に、心を張り詰めないように、緊張を解いて適度にリラクゼーションすることをお勧めします。

 

リラクゼーションで免疫力を高めよう

主に、疲労、運動不足、ストレス、飲酒、喫煙、睡眠不足と不規則な生活をしていると体内時計が乱れ、免疫力の低下の要因となります。

リラクゼーションの効果で全身をほぐし、ストレスの緩和や睡眠の質向上などが期待でき、リラックスを保つ事で免疫力も大幅に向上できます。

免疫力を下げないためには、のんびりとリラックスできる環境を作ることがとても大事ですね。

 

リラクゼーションで自律神経のバランスを整える

適度にリラクゼーションをすることで、自律神経のバランスが整い、イライラせずぐっすり眠ることができ、穏やかな生活ができます。

自律神経とは、自分の意思とは関係なく働く神経のため、バランスを乱すと、休んでも疲れが取れず、やる気も起きない、頭痛やめまい、身体の痛みとなって現れます。

  • 交感神経
    起きている時、興奮しているときには働いている神経
  • 副交感神経
    リラックスしている時や睡眠しているときに働いている神経です

この神経は2つでワンセット、片方の働きが強いときはもう片方の働きが弱くなります。

このバランスが崩れると、頭痛、めまい、吐き気、冷や汗、眠れない、体がだるい、不安感、イライラ、鬱症状など多様な症状がでてきます。

現代のストレス社会の多くは交感神経の働きが強く、副交感神経の働きが弱いため、身体の不調に繋がります。

身体は疲れているのに頭や目はキンキンに冴えて眠れない。という悩みはないですか?

そんなあなたは、積極的にリラックスする時間を作ることがとても大事です。

心も身体も健康であるためには、リラクゼーション効果を得ていないと不安定になります。

 

リラクゼーションで血行不良の改善

リラクゼーションにより血行が良くなると肩こりや、月経前症候群(PMS)による不調が緩和されます。

食事の見直しや適度な運動でホルモンバランスを整える事も必要ですね。

血行不良を起こすと身体に様々な悪影響を及ぼします。

  • 冷え性
  • 肩こり
  • 肌トラブル
  • 身体のむくみ

<冷え性>
血行が悪くなると心臓から遠い手足から冷えが始まり、腰、腹部、背中などが冷えている感覚が常にある状態を言います。

<肩こり>
姿勢の悪い状態を長時間続け、傾いた頭を支えるために首や肩の筋肉が収縮して硬くなり、血管を圧迫しそれにより血行が悪くなり肩こりの原因となります。

<肌トラブル>
酸素や栄養を運ぶ血液が行き渡らないと新陳代謝が悪くなり顔のくすみや吹き出物、目の下のクマも血行不良の原因です。

<身体のむくみ>
血行不良が起こると不要になった水分が体内にたまり、むくみの原因となります。

その他にも血液やリンパの流れが良くなり、筋肉も柔らかくなり、血行促進によりリラクゼーション効果が得られます。

 

心からリラックスして疲労回復が重要

良質な睡眠をとることは脳や身体を休ませ、心からリラックスし、疲労を回復させるために一番重要です。

質の良い睡眠をとるためには。次の3点を意識しましょう。

  • 適度な運動
  • 入浴で身体を温めリラックス
  • 眠る3時間ほど前までには食事をすませる

<適度な運動>
全身を使って動くことは、心のすっきり感を得られます。ヨガやウォーキングなど無理のない範囲で身体を動かすことでリラクゼーション効果も得られます。

<入浴で身体を温めリラックス>
アロマを焚いて、38℃前後のお湯にゆっくり浸かり、身体を温めることでリラクゼーション効果も高まり質の良い睡眠が得られ疲労も回復します。

<眠る3時間ほど前までには食事をすませる>
食後の消化時間は最低でも3時間は必要です。眠る直前に食事をとると消化ができていないため、睡眠に悪影響を与え疲労を回復できません。

それでは次に、リラクゼーションにはどのような種類があるのかご紹介します。

 

リラクゼーションでのリラックス療法の種類は豊富!

リラクゼーションでリラックスするにはたくさんの種類があります。

リラクゼーションサロンで施術を受ける場合と自分でできるセルフケア、両方のご紹介をしましょう。

 

リラクゼーションサロンでリラックス療法の種類

  • リンパマッサージ
  • アロママッサージまたはアロマテラピー
  • 整体
  • ヘッドスパ、頭皮ケア
  • 足つぼマッサージまたはリフレクソロジー
  • タイ古式マッサージ
  • マタニティマッサージ
  • 産後マッサージ
  • クイックマッサージ

このようにザッとあげるだけでもたくさんの種類がありますね。ひとつひとつどのような効果があるのかご紹介します。

<リンパマッサージ>
リンパマッサージはリンパ液の流れを良くする事で、体内の毒素を排出する事を目的としたマッサージです。

リンパの流れが良くなれば、むくみが改善され、血行も良くなり肩こりや冷えも解消し、疲労回復免疫力アップの効果も期待されます。

<アロママッサージまたはアロマテラピー>
良い香りのするアロマオイルを使いマッサージする事で、脳に刺激を受け、心地よいリラックス効果があります。

香りには、免疫系のバランスを整え、感情や記憶を呼び起こし、自律神経やホルモンの分泌を促進しリラックス効果や幸福感、痛みを緩和する効果があります。

<整体>
整体には、腰痛や肩こりなどの不調を直すため、治療目的した場合と、リラクゼーションを目的としたものと2通りあります。

リラクゼーションサロンでの整体は、ソフトなタッチで身体をほぐし、気持ちよさを与える施術法で、空間作りによって心身がリラックスして受けることができます。

やさしく身体を揉みほぐすことで、むくみ解消、自律神経のバランスを整え、筋肉のバランスを調整し、自然治癒力を高めます。

<ヘッドスパ、頭皮ケア>
頭を揉みほぐすことで、頭から顔の筋肉がほぐれ、血行が良くなり、目、脳、肩の疲労回復効果もあり頭痛の軽減も期待できます。

ヘアサロンで洗髪時にオプションとして選べるサロンが多いようです。

<足つぼマッサージまたはリフレクソロジー>
特定の臓器、器官に刺激を与え、身体が本来持つ治癒力を高め、血行促進、疲労回復、免疫力アップなどの効果が得られます。

正確には、足つぼマッサージとリフレクソロジーは足裏を押す場所と、押す強さが微妙に違います。

リフレクソロジーでは足裏にある反射区をまんべんなく押し、足つぼマッサージでは、反射点、ツボを押します。

撫でるようにやさしく揉むような押し方をするのがリフレクソロジー、親指の腹で「強すぎず、弱すぎず」押すのが足つぼマッサージです。

<タイ古式マッサージ>
センと呼ばれる身体を流れるエネルギーのラインをゆったりと刺激し、凝り固まった筋肉を緩め、身体をほぐしていくのが特徴です。

血流が促進され、自律神経のバランスが整い、人間本来持っている自然治癒力を高めます。

身体と心がふわっと解放され、精神が安定し、心身共にリラックスできます。

<マタニティマッサージ>
安定期に入ってから受けるリラクゼーション、マタニティケアは肩や背部の緊張を緩め違和感や痛みを和らげるだけでなく全身の血液循環改善も見込まれます。

お母さんの腰には1〜2kgの重さがかかり腰痛や腰に違和感を覚え、今までとは異なる身体のバランスのため、首や肩、足に精神的な緊張が生じます。

それは赤ちゃんにも影響を与えるため、お母さんがリラックスすることは非常に重要です。

<産後マッサージ>
全身をマッサージすることによって、腰痛や頭痛の身体の不調を緩和し、ツボに刺激を与えて血行を良くし、老廃物を流すことでコリや痛みを緩和します。

産後マッサージには骨盤矯正と全身マッサージ、2種類のリラクゼーションがあります。

開いた骨盤は放っておいても自然に閉じますが、歪んだり、ズレたまま骨盤が閉じたりすると、身体に不調をもたらすこともあります。

そういう時にリラクゼーションサロンで癒してもらったり、少し自分でセルフケアをしたりするのもお勧めです。

内臓が下がりお腹が出る。お尻が大きくなる。姿勢が悪くなる。そして、血行も悪くなり代謝が下がる。という症状が現れることもあります。

股関節の可動域を広げるマッサージで、骨盤の位置を矯正しこれらのリスクを軽減できます。

全身マッサージにおいては、育児と離れて時間を過ごすことでリラクゼーションの効果が期待でき、気分もリフレッシュできますね。

不調を感じたらなるべく早く、育児を頑張るママのご褒美として受けてみましょう。

<クイックマッサージ>
10〜30分程度の短時間で揉みほぐしやツボ押しを行うリラクゼーションです。休憩時間や仕事の終わりに気軽に立ち寄れるのが魅力ですね。

基本的に店内はシンプル、プライベートな空間を求める人には物足りないかもしれませんが、短時間低価格なのが特徴です。

 

自分で簡単にリラクゼーションを実践できるセルフケア

ちょっとした隙間時間でも自分で簡単に、セルフケアを実践できるリラクゼーションの方法があります。

短時間でできる4つの簡単な方法をご紹介しますね。

  • 簡単なストレッチ
  • 腹式呼吸をする
  • 湯船に浸かる
  • 癒し効果のある音楽

<簡単なストレッチ>
緊張やストレスで筋肉が硬くなり、身体の疲れを感じたら簡単なストレッチやマッサージを取り入れましょう。

仕事の合間に肩を回したり、アキレス腱を伸ばしたり、PCの見過ぎで目が疲れたらこめかみの周りを優しくマッサージするのがおすすめです。

<腹式呼吸をする>
目をつぶって瞑想をしながらゆっくりと深呼吸、呼吸に意識して腹式呼吸をすることで、副交感神経が優位になる効果があります。

何回か繰り返すことで、イライラや緊張も次第にほぐれていきます。

お腹いっぱい鼻からゆっくりとたくさん息を吸い、ゆっくりと口から息を吐く。ぜひやって見てください。

<湯船に浸かる>
シャワーだけではなくザブンと湯船にゆっくり浸かる。これだけでも充分ストレス解消になります。

湯船に浸かることで血行も良くなり、凝り固まった身体の緊張をほぐし疲労回復の効果がありますね。

熱すぎないぬるめの温度、38℃前後の湯船に浸かることは、お風呂上がりもスッキリ眠りやすい効果があります。

<癒し効果のある音楽>
暗めの照明と静かなお部屋でリラックスして過ごす時間は、リラクゼーション効果が抜群です。

そこに少し、心が浄化される、癒し効果抜群のヒーリング曲で、副交感神経を刺激しリラックスできますよ。

朝には優しいピアノメロディで気持ちのいい1日を迎えられるでしょう。

懐かしい歌謡曲をギターのメロディで聴くのもいいですね。クラシック、オルゴール、ハワイアンミュージックも癒し効果の音楽です。

このようなリラクゼーションだと、サロンに行かなくても自分で少し時間を調整すればできることですよね。

 

まとめ

  • リラクゼーション「くつろぎ」や「癒し」とリラックス「くつろぐ」「癒す」の違いは名詞と動詞
  • リラックスはカタカナ表記、リラクゼーションは日本人の間で広まった読み方
  • 「relaxation」をカタカナ表記にすると「リラックスエーション」または「リラックセーション」の方が英語の発音により近い
  • 「relax」は動詞なので、「リラックスする」ではなく「リラックスするする」という意味になる
  • 日本ではすでに「リラックスする」という言い方で広まり、この使い方で意味が通じる
  • リラクゼーションによる効果は疲労回復、ストレスの軽減、免疫力向上、血行促進、自律神経の乱れを整える効き目がある
  • リラクゼーションの種類はサロンで受ける療法と隙間時間に自分でできるセルフケアがある

リラクゼーションとリラックスの違いは、英語の文法としての違いもあるのですが、どちらも「ゆっくりしたい」とか「のんびりしたい」といった意味が感じ取られます。

リラクゼーションサロンがある場合は、そこで癒してもらう事も出来ますが、少しの時間に自分でセルフケアをするのもお勧めです。

ストレスの限界まで放って置かず、自分へのご褒美として優しく癒してあげましょう。

どうも、だしDです。

 

在宅副業でゆるくたのしくのんびり
普段の生活にゆとりを持ちながら
副業でアドセンスや楽天やAmazonを活かし
毎月10万円以上を稼いでいます。

他も合わせたら
最高月収67万円ほど稼ぐことができました!!

 

ですが過去の自分は

 

・留年、休学、復学、退学
・うつ病
・自律神経失調症
・引きこもり

と散々なものでした。

 

しかし、DBOS
というものを生み出してから
人生がどんどん好転していきました。

 

ブラック企業から
不当解雇にもあいましたが

今では福祉系の会社で
優しいスタッフ達に囲まれ
楽しく働いています。

 

2022年1月に入籍もしました。

 

今はPC一台で
1日5分程度の作業で
毎月10万円〜67万円まで稼ぐ力も身に付きました。

 

そんな経験をしてきた自分だからこそ
伝えられることがあるんじゃないか?と思い
情報発信を始めました。

 

・在宅でやりたい
・副業で稼ぎたい
・失敗したくない
・お金ない
・時間ない
・続かない
・ライティング、ブログで稼ぎたい
・記事を書くのが疲れた
・外注化に踏み切れない
・ノウハウコレクターを抜け出したい
・現状、自分を変えたい

 

と思ってるいる人は
有料級の情報を無料で配布していますので
目の前にあるチャンスを逃さないでください。

 

全て無料でプレゼントさせていただきます。

https://dasi01.jp/p/r/50PC2UnS

\予告なく終了する前にぜひお受け取り下さい/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。