クラウドワークスのワーカー受け取り金額が契約より減る仕組みを解説

クラウドワークスで実際に受け取る報酬が契約金額より少ないのはなぜかきになりますよね。

これは、「ワーカー受け取り金額」と呼ばれ、契約金額からシステム利用料が引かれているためです。

そのため、契約時の金額より少ない受け取り金額になってしまいます。

 

クラウドワークスでは、システム利用料はほとんどの場合、ワーカー側が負担する形になっています。

しかし、応募時に「契約金額」と「ワーカー受け取り金額」の2つ入力方法から選べるようになり、報酬額がわかりやすくなりました!

 

この記事では、ワーカー受け取り金額や契約金額、受け取り金額の計算方法や応募の仕方、注意点などを紹介しています。

この記事が、これからクラウドワークスで仕事を始めようとしているあなたの力になることができれば嬉しいです!

 

クラウドワークスのワーカー受け取り金額の仕組みを知ろう

ワーカー受け取り金額が何を意味しているか知っていますか。

クラウドワークスで仕事をしたワーカーが実際に受け取ることのできる金額のことをワーカー受け取り金額と言います。

 

クラウドワークスで仕事をしたときに得ることのできる収入は、契約時の金額とは異なります。

それは、契約金額から手数料が引かれているためなんですよ。

ここでは、「ワーカー受け取り金額」についての計算方法などを詳しく見ていきますね。

 

ワーカー受け取り金額は契約金とシステム手数料の差額

クラウドワークス上で得ることのできる報酬を「ワーカー受け取り金額」と言います。

ワーカー受け取り金額は、契約したときのものよりも実際に受け取る金額は少なくなります。

これは、契約金額からシステム利用料が差し引かれているからなんですよ。

 

計算式は以下になります。

【ワーカー受け取り金額(税込)=契約金額(税込)−システム利用料(税込)】

この式で実際に受け取ることのできる金額を計算することができるんですよ。

 

よくわからないし、自分で計算する必要はあるのかしら。
のん
のん
Dasi
Dasi
上記の式がなんとなく頭に入っていれば自動で計算されるので大丈夫ですよ。

なお、報酬が振り込まれるときに、振込手数料も引かれることも覚えておきましょう。

 

システム利用料は仕事をした際に発生する手数料のこと

計算式にあった、システム利用料のことも気になりますよね。

システム利用料とは、クラウドワークス上で実際に仕事をした際に発生する手数料のことを言います。

システム手数料は1案件ごとにかかります。

システム手数料が引かれることで、報酬を受け取ったときに、契約時の金額より「少ない!」と感じる場合が多いようですね。

 

仕事の方式によってかかってくる金額が変わります。

固定報酬制

報酬額に応じて計算

  • 10万円以下の部分:20%
  • 10万円超え〜20万以下の部分:10%
  • 20万円を超えた部分:5%

初心者が受ける案件の報酬額は10万円以下のものが多いので、システム利用料は20%かかると覚えておきましょう!

 

契約金額が10万円を超えた場合には、10万円以下の部分、10万超え〜20万までの部分、20万超えの部分と分けて計算していきます。

ちょっとややこしいですよね。

実際の計算は、契約時にサイト上でされるので、仕組みだけなんとなくわかっていれば問題ないです!

 

タスク形式

報酬金額の20%がシステム手数料としてかかる

プロジェクト形式の時間単価制での受け取り金額でも使う言葉です。

契約金額の20%は大きいですね。

募集を見ているときや契約を結ぶときには、システム手数料がかかってくることを忘れないようにしましょう!

 

その他のクラウドソーシングでも手数料はかかる!

クラウドワークス以外のクラウドソーシングの受け取り金額を見ていきましょう。

ほとんどの場合が、手数料が引かれた額が受け取り金額となります。

ここでは、3つのクラウドソーシングの手数料を比較しています。

  ワーカー クライアント
ランサーズ 契約金額の16.5%(税込) 契約金額の5.5%(税込)
ココナラ 販売金額の22%(税込)  支払い金額の5.5%(税込)
ママワークス  無料 未公開

 

まずは、クラウドワークスの次に有名な「ランサーズ」。

ランサーズで実際に受け取る金額を「ランサー手取り」と言い、契約金額から手数料を引いたものになります。

 

ランサーズ
  • ランサー(受注者)の手数料:契約金額の16.5%(税込)
  • クライアントの手数料   :支払い金額の5.5%(税込)

2022年10月1日のシステム手数料の改定で、上記のものに変更になったようです。

16.5%と聞くと、クラウドワークスよりも手数料が低いですね!

 

次に、「ココナラ」です。

ココナラとは、「知識・スキル・経験」を売り買いできる場として利用者も多いですね。

 

ココナラ

サービス販売料:販売金額の22%

誰でも簡単にサービスを出品することができますが、手数料の割合が高めです。

そのため、少額での出品ではあまり収入を期待することができないようですね。

 

最後に、「ママワークス」です。

こちらは、女性の中でも主婦に特化したクラウドソーシングなんですよ。

 

ママワークス

手数料は無料

ママワークスでは手数料がかからないので、契約金額がそのまま報酬額になります!

 

クラウドワークスは手数料の割合が高くても、案件数が圧倒的に多いところが人気の理由のひとつです。

私も、初めて仕事を探すときはクラウドワークスで探しました。

案件数が多く、選択肢がたくさんあったことがで仕事を探しやすかったですよ。

 

いろいろなクラウドソーシングのサイトから、自分に合った仕事を探していくのもおすすめです。

 

 

クラウドワークスのワーカー受け取り金額と契約金額の違い

クラウドワークスのワーカー受け取り金額は契約金額からシステム利用料を差し引いたものということがわかりました。

では、ワーカー受け取り金額と契約金額の違いはなんでしょう?

 

「契約金額」とは、契約においてクライアントが支払う総額のことを言います。

ワーカー受け取り金額とは違い、ここにはシステム手数料はかかっていません。

クラウドワークスでは、システム利用料をワーカーが負担する形をとっているんですね。

 

応募時の金額提示は2つの方法から選ぶことができる

クラウドワークスでは2020年の機能の追加で、2つの金額提示方法が選択できるようになりました。

これにより、ワーカー側がワーカー受け取り金額ベースでクライアントと公正な報酬の交渉・やり取りができるようになったんですよ

 

2つの方法は以下のようになります。

契約金額ベース
  • 手数料:ワーカーが負担
  • 報酬 :手数料が引かれた額
ワーカー受け取り金額ベース
  • 手数料:クライアントが負担
  • 報酬 :入力した金額と同じ

今まで、ワーカーにとってわかりにくかった受け取り金額がわかりやすくなりましたね!

 

また、これによって「○円受け取りで仕事をしたい」というワーカーは受け取り金額を提示して契約時の交渉ができるようになりました。

運営は、ワーカーが優位に立てるように取り組んでいることがわかります。

 

しかし、実際には希望するワーカー受け取り金額で交渉・やり取りし、契約まで持って行くことは難しいという意見が多くありました。

これは、クライアントは提示金額で受けてくれるワーカーを優先する傾向にあるということを表しているようです。

 

お金に関する交渉って、それだけでなんだかドキドキする気持ちもとてもよくわかります。

仕事を何回かしたことのあるクライアントならいいのですが、初めてやり取りする相手との契約金額の交渉は難しそうですね。

 

クラウドワークスで仕事を始めるときは、まずはクライアントの提示金額で契約金額を決めるようにしましょう!

慣れてきたり、実績ができてきたら、少しずつ契約金額の交渉にチャレンジしてみても良いかもしれないですね!

 

応募時の契約金額に1円を入力するような案件はほとんど詐欺

案件の中には、「形式上1円で契約してください」とクライアントから提案される場合があるようです。

このような案件のほとんどは悪質案件なので、契約しないようにしましょう!

初心者であるあなたにいきなりスカウトの形でくる1円案件もほとんどが悪質なものなので注意!

 

クラウドワークスからも、1円や10円などの明らかに低単価の案件は「直接連絡を取るため」の契約として注意が促されています。

Dasi
Dasi
勇気を出して応募に踏み切ったのに、悪質案件に引っかかっては悲しいですよね。
できることなら、それだけは避けたいです。
のん
のん

相手に認められることも大切ですが、あなた自身もクライアントをしっかり見極め、怪しい案件には手を出さないようにしましょう!

 

 

クラウドワークスのワーカー受け取り金額で応募もOK

クラウドワークスの2つの金額提示方法は、実際に応募するときにどのように金額を入力したら良いのでしょうか?

入力方法を「ワーカー受け取り金額」で指定してくれるクライアントもいるんです。

金額の入力に困ったら、まずはクライアントに質問してみてください。

 

ここで、ていねいなやり取りをしてくれるクライアントは、良い場合が多いと思います。

良質な案件を見つける意味でも、しっかりやり取りをしていきましょう!

 

ワーカー受け取り金額で契約したいクライアントもいる

「みんなのお仕事相談所」を見ていると、クライアント側からも金額提示方法に関する相談がいくつかありました。

多くは、クライアントが「ワーカー受け取り金額で契約を結びたいが、金額設定をどうしたらいいか?」というものです。

相談内容を見ていても、安く仕事をしてもらうだけではなく、ワーカーのことを考えているクライアントも多いことがわかりますね!

 

この問題に関しては、ワーカーが応募時の契約金額を「ワーカー受け取り金額」で入力することで解決できますよ。

応募画面に「契約金額の入力はワーカー受け取り金額を選んで○円と入力してください」と記載しているクライアントも多くいるようです。

 

ワーカー思いのクライアントって、信用もできそうで安心する気がしますよね。

悪質案件も多いクラウドワークスですが、契約金額の提示方法からも、良いクライアント探しができそうですね。

 

クラウドワークスの仕事の応募方法は3つある

クラウドワークスで報酬を得るためには、当然ながら案件(=仕事)をする必要がありますね。

仕事は、クラウドワークスの「仕事の詳細」ページにある「応募画面へ」から応募することができます。

応募するためには会員登録が必須なので、まずは登録を済ませましょう!

 

クラウドワークスでは、プロジェクト形式・タスク形式・コンペ形式の3つの募集形式があります。

それぞれ、応募方法が異なる部分がありますよ。

  応募方法 仕事の方法 報酬
プロジェクト形式 契約金額など合意してから契約 契約後、業務を開始する 作業完了後に納品し、検収後報酬確定
タスク形式  特になし クライアントの設問に回答 承認後、報酬確定
コンペ形式 作品を記載または添付し提案 採用さたら作品を納品する 納品確認後、報酬確定

プロジェクト形式は、「固定報酬制」と「時間単価制」の2つの契約方法があります。

自分のやりたい、やってみたい仕事を見つけたら、まずは応募してみましょう!

 

応募時はクライアントの提示金額を入力しておくと良い

契約金額の入力方法は2つあることを伝えてきましたが、実際に入力金額に迷うワーカーが多いようです。

これは、ワーカー側が「契約金額」と「ワーカー受け取り金額」のどちらを基準にすれば良いのかわからないケースが多いからですね。

 

応募時の契約金額の提示方法に迷ったら、とりあえず「クライアントの提示金額」を入力しておきましょう。

そのときに一言、「この金額で書いてあったので」など一言メッセージを添えておくと良いです。

その後の契約金額のすり合わせは、メッセージでやり取りすることができます。

 

基本的に、クライアント側からはワーカー受け取り金額を確認することができません。

また、クライアントは契約金額として自分が支払う金額をベースに契約を考えている場合が多いようです。

報酬受け取り時のトラブルを防ぐためにも、応募するときとその後のやり取りでお互いに認識をしっかりとすり合わせておきましょう!

 

 

まとめ

  • 「ワーカー受け取り金額」とは、クラウドワークスで仕事をしたワーカーが実際に受け取ることのできる金額のこと
  • ワーカー受け取り金額は、契約金額からシステム利用料を引かれるため、契約時の金額よりも実際に受け取る金額は少ない
  • システム利用料とは、クラウドワークス上で実際に仕事をした際に発生する手数料のことを言う
  • クラウドワークス以外のクラウドソーシングでも、受け取り金額から手数料が引かれる場合が多い
  • その他のクラウドソーシングも手数料がかかる場合が多い
  • 「契約金額」とは、契約においてクライアントが支払う総額のこと
  • 応募時の金額提示方法は「契約金額」ベースと「ワーカー受け取り金額」ベースの2つの方法から選択できる
  • 応募時に契約金額を1円で提示してくる案件のほとんどは悪質案件なので注意が必要
  • 案件に応募する方法は、3つの仕事形式でそれぞれ異なる
  • 契約金額はクライアントの提示額に従い、その後のやり取りで、お互いの金額に対する認識をすり合わせていくことが大切

「ワーカー受け取り金額」とは、契約金額から手数料が引かれた実際にワーカーが受け取ることのできる金額です。

契約時の金額と、受け取ることのできる金額との差に驚く場合も多いようです。

私も契約金額との差に驚きましたが、ワーカー受け取り金額の仕組みがわかっていれば不安も少なくなりました!

クラウドワークスで一歩を踏み出そうとしているあなたは、ワーカー受け取り金額の仕組みを知り、不安なく仕事を始めましょう!

どうも、Dasiです。

 

在宅副業でゆるくたのしくのんびり
普段の生活にゆとりを持ちながら

・ライティング
・ブログ
・アドセンス
・楽天、Amazon
・外注独自教材、企画
・コミュニティ

などで
余裕で毎月10万円以上を稼いでいます。

他も合わせたら
最高月収67万円ほど稼ぐことができました!!

 

ですが過去の自分は

 

・留年、休学、復学、退学
・うつ病
・自律神経失調症
・引きこもり
・ノウハウコレクター
・不当解雇

と散々なものでした。

 

過去の自分の様に苦しんでいる人に
何かしらのキッカケ、ご縁を結ぶ為に
無料特典をお渡ししています。

私は特典でお渡ししている
ライティングやブログを学んだら
人生がどんどん好転していきました。

 

それを実践してる人達が
徐々に人生が良くなっているのをみて
本当に嬉しいです。

 

私自身も2022年1月に入籍
10月に結婚式を挙げました。

 

今はPC一台で
1日60分程度の作業で
毎月10万円〜67万円まで
稼ぐ力も身に付きました。

 

そんな経験をしてきた自分だからこそ
伝えられることがあるんじゃないか?と思い
情報発信を始めました。

 

・在宅でやりたい
・副業で稼ぎたい
・失敗したくない
・お金ない
・時間ない
・続かない
・ライティング、ブログで稼ぎたい
・記事を書くのが疲れた
・外注化?なんか大変そう、、不安、踏み切れない
・ノウハウコレクターを抜け出したい
・現状、自分を変えたい

 

と思ってるいる方は
有料級の豪華特典を無料でプレゼントしていますので、ぜひぜひお受け取りください。

 

全て無料でプレゼントさせていただきます。

https://dasi01.jp/p/r/50PC2UnS

\予告なく終了する前にどうぞ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。