クラウドワークスでの発注の流れを確認!仕事内容記載のポイントも♪

初めてクラウドワークスで仕事を発注するきは、仕事内容を明確にし、応募ページにその内容を記載することから始めましょうね。

仕事内容を明確にしておけば、1番大変と感じる応募ページの作成も、たったの5分で終わってしまいます!

ライティングの仕事を依頼したいの。初めてだから流れがわからなくて不安だわ…。
のん
のん
Dasi
Dasi
安心してください!

スモールステップで着実に前に進んでいきましょうね♪

クラウドワークスでの発注の流れがわからないと足踏みしていては、あなたの貴重な時間がもったいないと思いませんか?

1つの作業を始めてみると、あとは軌道にのって案外スムーズに物事が進んでいくものです。

ここでは、クラウドワークスで仕事を発注する際の流れや、報酬の支払い方法、手数料などについて詳しく説明していきます。

この記事を読み、安心して初めの一歩を踏み出しましょう!

 

クラウドワークスで仕事を発注する際の流れを確認!

ブログ記事を書いてもらいたいのだけれど、発注の流れがわからないわ…。
のん
のん
Dasi
Dasi
まずは仕事内容を明確にして、どんな人に記事を書いて欲しいか考えてみましょう♪

初めて仕事を発注するとなると、まず何から始めればいいのかわからず、なかなか取り掛かれないこともあるのではないでしょうか。

そんなあなたはまず、仕事内容を自分の中で明確にすることから始めましょう!

そして専用の入力フォームにて仕事内容をわかりやすく記載していきましょうね。

ライティングの仕事を発注するということであれば、依頼形式は【プロジェクト形式】を選択することをおすすめします。

今後の新たな人生のスタートに、希望の中にも若干の不安を感じ、足踏みをしてしまっているあなた!

1つ取り掛かってしまえば、案外軌道にのって、次へ次へと作業が進んでいきますよ。

スモールステップで着実に前に進んでいきましょうね♪まずは知ることから!

ここでは、クラウドワークスで仕事を発注する際の基本的な流れと、3種類の依頼形式について確認していきましょう。

 

仕事を発注する際の流れを確認!常に丁寧な対応を

クラウドワークスで仕事を発注したいあなたは、まず、仕事内容を明確にし、専用フォームにて仕事内容を記載する必要があります。

あなたはどのようなワーカーと、どのような環境で、どのような仕事をしていきたいですか?

それを明確にしさえすれば、あとは実行あるのみ!

常に丁寧な対応を心掛けながら優秀なワーカーを選び出し、質の良い仕事をしていきましょう♪

ここでは、クラウドワークスで仕事を発注する際の基本的な流れを確認していきますよ。

プロジェクト形式で仕事を発注する際の流れ
  1. 仕事を依頼する
  2. 応募に対応する
  3. 契約完了
  4. 仮払いを行う
  5. 納品をチェックする
  6. 報酬の支払いを確定する

それでは順を追って、それぞれの工程について見ていきましょう。

【仕事を依頼する】

クラウドワークスで仕事を依頼し、応募者を募ります。

専用の入力フォームに添って、必要事項を入力しましょう。

Dasi
Dasi
事前に、仕事の内容を自分の中で明確にしておきましょう。そのようにすれば、この作業は5分ほどで完了します!

この作業が一番大変で大切な作業といっても過言ではありません。

依頼する際の手順やコツについては、次項でお伝えしますのでお見逃しなく!

【応募に対応する】

ワーカーから、依頼した仕事に対しての応募メッセージが届きます。

応募メッセージや契約に向けてのやり取りでは、その人の人柄が垣間見られると思います。

やり取りを通して、「この人に仕事を任せたい!」と思えるワーカーが見つかるといいですね。

そう思えるワーカーがいれば、一緒に相談し合いながら報酬や仕事内容などの条件を調節していきましょう。

決してLINEやSkypeなどのような他の連絡ツールは利用せず、クラウドワークス上でやり取りを行ってください。

クラウドワークスでは、他の連絡ツールを利用してのやり取りは禁止されています。

それらの連絡先を相手に聞くことで、不信感を抱かれ、応募を辞退されてしまう可能性もありますよ。

マナーを守り、ワーカーに対して誠実な対応を心掛けてくださいね。

クラウドワークス以外の連絡ツールを使用する際は、必ず「サービス外連絡申請」を行いましょう。

【契約完了】

報酬や仕事内容などを相談し合い、お互いに合意が得られた場合は、次のステップである契約段階に進みましょう!

手続きが大変そうなイメージがあるわ…。
のん
のん
Dasi
Dasi
そう思っているあなたは、安心してください!やることは全て画面上で指示してくれるので、とても簡単にできてしまいますよ。

固くならずに気を楽にして作業を進めていきましょうね♪

【仮払いを行う】

契約した後は、できるだけ早く仮払いを済ませてしまいましょう。

仮払いとは、ワーカーに支払う報酬を一旦クラウドワークスに預けるシステムのことです。

仮払いについての詳しい説明は、この記事の後半で行いたいと思います。

【納品をチェックする】

ワーカーが作業を終え、納品するのを待ちましょう。

え?待っているだけでいいの?
のん
のん
Dasi
Dasi
待っているだけでいいというのは語弊がありますね。

この期間あなたに心掛けて欲しいことは、ワーカーとのこまめなやり取りです。

ワーカーが作業中、どうしてもマニュアルだけでは仕事内容を理解し難いことが出てくると思います。

そんな時、ワーカーの質問にすぐに答えたり、あなたから補足の連絡をしたりして、ワーカーが安心して働ける環境を作ってあげましょう。

実際に私も、抱いた疑問に対し、すぐに答えてもらえる環境で働かせてもらっています。

とても安心感があり、その安心感が、仕事を心地よく行うことにも繋がっていますよ。

また、こまめに連絡を取ることで、納品されたものが思っていたものと違い、大幅な修正が必要になる事態も防げます。

それはあなたにとっても大きなメリットですよね!

【報酬の支払いを確定する】

納品をチェックし、「検収完了」をクリックした時点で、ワーカーに報酬が支払われます。

ここで忘れないでいただきたいのは、ワーカーを評価することです!

評価は、ワーカーが今後別の仕事を受けていくにあたって、とても大切になってきます。

報酬を支払って安心してしまいがちですが、忘れず丁寧に評価をしましょうね。

 

依頼形式は全部で3種類!全て把握しスムーズ作業♪

クラウドワークスで仕事を発注する際の依頼形式は、全部で3種類あります。

クラウドワークスを利用して発注される仕事には、様々な内容のものがありますよね。

どのような仕事内容でもスムーズに発注できるよう、それらに合わせた形式が用意されている、というわけです。

仕事内容に適していない依頼形式を選んでしまうと、全く応募者が集まらなかったり、必要以上に報酬を支払うことになったりして、出鼻をくじかれてしまいますよ。

ワーカーと契約することはゴールではなく、スタートです。

ここでつまずいてしまわないためにも、3種類の依頼形式をしっかり把握し、適切なものを選びましょう。

先にお伝えしておくと、ライティングの仕事を発注する際は、プロジェクト形式(固定報酬制)が適しています。

しかしこの先、どのようなことがあるかわかりません!

クラウドワークスを使用していくのであれば、3種類の依頼形式全てを把握しておきましょうね。

3種類の依頼形式
  • プロジェクト形式
  • コンペ形式
  • タスク形式

【プロジェクト形式】

プロジェクト形式とは、仕事内容をクラウドワークスのサイト内に掲載して応募者を募り、その中から選んだワーカーと契約を結ぶ形式です。

ワーカーの実績や評価を見て、自分に合った最適なワーカーを採用できます。

プロジェクト形式は、報酬の支払い方法の違いにより、さらに《固定報酬制》と《時間単価制》の2つに分けられます。

《固定報酬制》

固定報酬制は、ワーカーが作業を行い、それに伴ってできた成果物に応じて報酬が支払われる形式です。

ワーカーが成果物を納品し、クライアントであるあなたが、その内容を確認、完了とみなした後に、報酬が支払われます。

《時間単価制》

報酬が1時間ごとの金額で設定され、実際に働いた時間に合わせて週ごとに支払われます。

タイムカードを使用し、ワーカーに仕事の開始、終了時間を打刻してもらうことで、稼働時間を計算します。

【コンペ形式】

依頼に対して集まった提案の中から、気に入ったものを採用できる形式です。

提案が採用された人にのみ報酬が支払われます。

コンペ形式に適した仕事として、ロゴ制作、バナー制作、キャッチコピーの提案などがあげられます。

【タスク形式】

契約を交わすことなく、不特定多数のワーカーにクラウドワークス上で作業を行ってもらえる形式です。

作業が完了したと承認することで報酬が支払われます。

タスク形式に適した仕事として、アンケートやデータ入力などがあげられます。

発注の流れは理解できたわ!流れの第一段階である依頼方法について、もう少し詳しく教えて!
のん
のん
Dasi
Dasi
仕事を発注する際に1番気になる部分ですよね。

次項では、仕事を依頼する際の手順や、仕事内容ページを入力する際のコツについて確認していきましょう。

 

クラウドワークスで仕事を発注する際の依頼方法は?

クラウドワークスで仕事を発注する際の第一段階である、仕事の依頼。

仕事を依頼する際には、「仕事の内容」への入力作業が1番重要になってきますよ。

仕事の内容で主に記載すべきことは、「タイトル文」「依頼詳細文」「報酬金額」です。

入力内容を確認する前に、まずクラウドワークスで仕事を依頼する手順を見ていきたいと思います。

 

簡単入力操作♪仕事を依頼する際の手順を確認しよう

仕事を依頼する際の手順はとても簡単なので安心してください。

仕事内容をどのように書こうか悩み、なかなか取りかかれないのであれば、まずは専用の入力フォームを開くことから始めましょう。

入力フォームを実際に見ることで何を書けばいいのかが多少なりともイメージできるかもしれません。

すでに決まっていることを箇条書きにでも書き始めていけば、あなたのやる気エンジンがかかり、いつの間にか書き終えていた!なんてことも…♪

以下の手順を行う前に、クラウドワークスでの会員登録を済ませておいてくださいね。

仕事を依頼する際の手順
  1. ホーム画面が「クライアント(発注者)メニュー」になっていることを確認する
  2. 「新しい仕事を依頼」ボタンをクリックする
  3. カテゴリーから依頼したい仕事を選択する
  4. 「依頼の形式」を選択する…※「依頼形式は全部で3種類!」参照
  5. 「仕事の内容」を入力する

以上が仕事を発注する際の依頼方法です。1~4までの手順はすぐに完了してしまいますね♪

問題は仕事内容の入力よね…。どのように書けばいいのか悩むわ…。
のん
のん
Dasi
Dasi
ワーカーはこの仕事内容を手がかりにして仕事を探すため、あなたはワーカーを意識した魅力的な記載をする必要があります。

ただ長々と仕事内容を入力するだけでは、ワーカーが応募してくるどころか、全く見られもしない事態が起こる可能性もあるのです。

次項からは仕事内容を記載する際のポイントについて確認していきましょう。

 

仕事内容を入力する際はワーカー目線で!ポイント紹介

前述したように、仕事の内容で主に記載すべきことは、「タイトル文」「依頼詳細文」「報酬金額」の3つです。

記載する際には、他の発注者の仕事内容ページを参考にするのが1番効率的です。

また、ワーカーの立場になり、どのようなことが書かれていればその仕事を応募しようと思うかを考えながら記載することも大切ですよ。

他の発注者の仕事内容ページを参考にはしますが、丸写しすることはおすすめできません。

他の発注者のいいところを取り入れ、そこにオリジナリティーを盛り込んで、キラリと光る仕事内容ページを目指しましょう!

仕事内容ページで記載するといい事項を以下でまとめました。

ここでは、主にライターを募集する際の記載事項を挙げさせていただきます。

仕事内容ページで記載するといい事項
  • タイトル文
  • 具体的な業務内容
  • 仕事を受ける際のメリット
  • 報酬例
  • 納品の仕方
  • 応募方法

もちろん、こちらで挙げた以外のものを記載されてもいいですし、必ず記載しなければならないというわけでもありません。

あなたの依頼内容に合わせて臨機応変に記載してくださいね。

【タイトル文】

仕事内容ページをワーカーに見てもらえるかはタイトルで決まります。

以下のようなことを入れ込むと具体的でわかりやすく、かつ、ワーカーの興味を引くタイトルになるでしょう。

  • 具体的な仕事内容を簡潔に示す…◯◯の記事を書いてくれるライター、◯◯に向いているライティングの仕事など
  • どのような人を対象としているか…経験者、初心者、主婦、専門知識を持つ人など
  • 得られるメリット…安心のサポート体制、スキルを身につける、安定した収入など

【具体的な業務内容】

実際にやってほしい業務内容を具体的に、わかりやすく記載しましょう。

発注者であるあなたの人となりが出る部分なので、記載する際は、丁寧な言葉遣いを意識してくださいね。

【仕事を受ける際のメリット】

あなたが依頼する仕事の、魅力的な部分を書きましょう。

報酬や待遇以外にも、得られる知識や働く環境など、様々なメリットがあるはずです。

報酬が少なかったとしても、その他の部分でメリットが多くあれば、必ずワーカーの興味をひけますよ。

【報酬】

1記事、または1文字いくらなのか、報酬額を明記しましょう。

長期契約で報酬がアップする可能性があるのかどうかも記載しておくといいですね。

【納期・納品の仕方】

どのくらいのペースで記事を納品してほしいのか、また、書いた記事をどのように納品するのかを記載するといいでしょう。

例えば、WordPressを利用などと記載しておけば、例え初心者で使い方がわからなかったとしても、少し調べてみようという気になるかもしれません。

【応募方法】

応募する際にワーカーにやってもらいたいことを記載しましょう。

例えば、簡単な自己紹介や、ポートフォリオの提出、テストライティングの有無などです。

いろいろ考えすぎて逆に書けなくなってきちゃったわ…!
のん
のん
Dasi
Dasi
そんなあなたも安心してください!

クラウドワークスでは仕事の発注を全面サポートしてくれるCWコンシェルジュというサービスがあります。

仕事内容を聞き取りし、依頼文をあなたの代わりに入力してくれます!

迷った場合はぜひ利用を検討してみてくださいね。

 

クラウドワークスで仕事発注した際の支払い方法は?

クラウドワークスで仕事を発注した際の、報酬の支払い方法を教えて!
のん
のん
Dasi
Dasi
ワーカーへの報酬は、契約時にあなたがクラウドワークスに支払った、「仮払い」から支払われますよ。

次項では仮払いについて詳しく説明し、その支払い方法を確認していきたいと思います。

 

仮払い制度で発注者も受注者も安心♪4種の支払い方法

前述したように仮払いとは、ワーカーに支払う報酬を、一旦クラウドワークスに預けるシステムのことです。

仮払いしたお金は、ワーカーが仕事を完了し、あなたが検収を終えた時点で、クラウドワークスからワーカーに報酬として支払われます。

仮払い制度があることで、以下のようなメリットがあります。

仮払い制度のメリット

<発注者側>ワーカーが仕事を完了しなかった場合、お金が戻ってくる

< ワーカー側>納品後、発注者から報酬が支払われない事態を防ぐ

この仮払い制度がなければ、ろくに作業をせずに報酬だけを受け取って逃げ去るという、悪質なワーカーが出てくるかもしれません。

逆にワーカー側は仮払い制度があることで、必ず報酬が支払われるという安心感が得られますよね。

仮払い制度は、発注者側、ワーカー側のどちらともが安心してやり取りを行う為の、大切な制度なのです。

【クラウドワークスで利用できる支払い方法は?】

仮払いの制度がどのようなものなのか理解できたと思います。

次のステップとして、仮払いを行う際にクラウドワークスで利用できる、支払い方法を確認していきましょう。

利用できる支払い方法
  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • PayPal
  • 請求書払い(Paid)

これらの中から、あなたの都合のいい支払い方法を選択できますよ。以下は、支払い時の注意事項です。

支払い時の注意事項
  • 銀行振込を利用する場合は、振込手数料を負担しなければならない
  • 請求書払い(Paid)を利用する場合は、審査が必要となる

他の支払い方法はわかりますが、請求書払い(Paid)については、なかなか言葉だけでイメージしづらいですよね。

次項からは、請求書払い(Paid)について説明していきたいと思います。

 

請求書払いPaidで前払い不要に!月1の一括払いも可

請求書払い(Paid)とは、あなたのもとに月1回請求書が送られてきて、その分の料金を振込む支払い方法です。

ワーカーから成果物が納品され、あなたが検収を終えたタイミングで請求が確定します。

月末締め後、翌月の月初に、あなたのもとに請求書が届きますよ。

法人または屋号を持つ個人事業主のほか、官公庁や教育機関、マンション管理組合の方などが利用できます。

審査基準は公開されていませんが、「事業者であること」「連絡がつくこと」が最低条件です。

その2つに関していえば、ほとんどの発注者に当てはまりそうですね。

以下は請求書払い(Paid)を利用するメリットです。

請求書払い(Paid)のメリット
  • 報酬の前払い(仮払い)をする必要がなくなる
  • 仮払いの入金手続きを待つことなく、ワーカーにすぐ仕事を開始してもらえる
  • 仕事、ワーカー個人毎の都度支払いから、月1回の一括支払いが可能になる
  • 管理画面からいつでも請求書を確認でき、書類整理がスムーズになる

個人事業主として初めて仕事の発注を行うあなたにとっては、確定申告の提出も不安要素の1つですよね。

請求書支払い(Paid)の利用は、確定申告を行うあなたの手間を削減し、よりスムーズなものにしてくれますよ。

これは大きなメリットよね!利用してみようかしら♪
のん
のん
Dasi
Dasi
請求書払い(Paid)の審査には1~3営業日の時間を要します。

もし利用を考えているのであれば、ワーカーとの契約が完了する前までには利用申請の手続きを行っておくといいですね。

 

クラウドワークスでの仕事発注に手数料は不要!

クラウドワークスでは、手数料をシステム利用料としてワーカーから徴収しています。

ですので、発注者であるあなたが手数料を支払う必要はありません。

例外もありますが、基本的にあなたが支払わなければならない料金は、仮払いとして支払ったワーカーへの報酬のみということです。

ちなみに例外としては、有料オプションを利用した際の別途料金などが挙げられますよ。

発注者側であるあなたに手数料が掛からないからといって、自分には関係ないと思ってはいけません!

仕事をワーカーに発注するということは、あなたはそのワーカーの雇用主になるということです。

もしあなたが会社で雇われている一社員だったとして、会社側があなたの給料について無頓着だと、不安を通り越して不満さえ感じますよね。

あなたが採用したワーカーが、最終的に報酬としていくらもらえているのかを、しっかり把握しておくといいでしょう。

ここでは、クラウドワークスで仕事を発注した際、報酬から差し引かれる手数料がどのくらいなのかを確認していきます。

【システム利用料としてワーカーが支払う手数料】

手数料は、あなたが発注する仕事の報酬額によって変わってきます。以下が報酬額に対する手数料です。

報酬額 手数料
20万円超の部分 5%
10万円超20万円以下の部分 10%
10万円以下の部分 20%
タスク形式での場合 20%
私は昔から数学が苦手で…。この表を見てもよくわからないわ…。
のん
のん
Dasi
Dasi
その気持ち、よくわかります!私も計算が苦手で、お釣りの計算さえ危ぶまれるほどです…。

そんなあなたにでもわかりやすいように、ここでは具体的な数字を用いて、計算方法を一緒に確認していきたいと思います!

私でも理解できたのですから、きっとあなたも余裕で理解できますよ♪

手数料の計算にあたって勘違いしやすい部分があるので、今回は報酬額が11万円の場合を例に、計算する際のポイントを説明していきたいと思います。

報酬額が11万円の場合の正しい計算方法は、【税抜手数料=100,000円×20%+10,000円×10%=21,000円】です。

これに消費税の10%を加え、【税込手数料=21,000円×1.1=23,100円】で、税込手数料は23,100円ということになります。

以上が正しい計算方法です。念のため、勘違いされやすい、間違った計算方法も紹介しておきますね。

【税抜手数料=100,000円×10%=11,000円何度も言いますが、これは間違った計算方法です。

報酬額が11万円だからといって手数料が10%になるわけではないということがわかりますね。

あくまでも手数料が10%になるのは10万円超20万円以下の部分であり、10万円以下の部分は確実に20%の手数料がかかるというわけです。

計算方法の違いによって1万円もの差が出てくるのですから、気をつけなければいけませんね。

税抜手数料が21,000円と認識している場合と、11,000円と認識している場合とでは、あなたが最初に設定する報酬額も変わってくるのではないでしょうか?

ここで理解しておけば、ワーカーからあなたに、手数料が多く取られているという問い合わせがあっても、しっかり対応できますね♪

報酬額が11万円の場合の手数料がわかったので、次はワーカーが実際に受け取る金額を確認していきましょう。

税込報酬額が11万円、税込手数料が23,100円として、実際に数字を当てはめると、以下のようになります。

【ワーカー受取金額(税抜)=110,000円-23,100円=86,900円】

また、クラウドワークスからワーカーへ報酬を振り込む際には、システム利用料としての手数料の他に、振込手数料も発生します。

ワーカーが実際に受け取る金額は、86,900円からさらに振込手数料を引いた額ということになりますね。

Dasi
Dasi
報酬を設定する際は、実際にワーカーが受け取る金額はいくらになるのかも考慮するといいかもしれませんね。

 

まとめ

  • 仕事を発注する際の流れは依頼形式ごとに多少異なる。ライターを募集する場合は「プロジェクト形式」での流れを確認するといい
  • 発注する流れの第一段階である仕事の依頼は、全ての工程の中で1番大切な作業である
  • 仕事を依頼する際は、仕事の内容を専用の入力フォームにて記載する必要がある
  • 仕事の内容として主に記載するべきことは「タイトル文」「依頼詳細文」「報酬金額」である
  • 仕事の内容を記載する際は、他の発注者のページを参考にしたり、ワーカー側の立場になって考えたりして、魅力的なものになることを目指す
  • ワーカーへの報酬は契約時にあなたが支払った「仮払い」から支払われる
  • 仮払いとは、ワーカーに支払う報酬を一旦クラウドワークスに預けるシステムのことで、ワーカー側、クライアント側のどちらにもメリットが大きい
  • クラウドワークスで利用できる支払い方法は「銀行振込」「クレジットカード」「PayPal」「請求書払い(Paid)」である
  • 請求書払い(Paid)の利用は、報酬の前払いが不要になると共に、月1回の一括払いや、スムーズな書類整理が可能になり、メリットが多い
  • クラウドワークスではワーカー側からシステム利用料として手数料を徴収しており、発注者側は手数料を支払う必要がない

クラウドワークスで仕事を発注する際の流れは、おわかりいただけたでしょうか?

この記事を読み、スモールステップの第一歩を歩み始めたあなたは、もう迷うことなく突き進んでいけることでしょう。

このページを閉じた後は、さっそくクラウドワークスのサイトをひらいて、あなたの魅力的な仕事内容の入力をし始めてください!

あなたの明るい未来がきっと見えてくるはずですよ。

どうも、Dasiです。

 

在宅副業でゆるくたのしくのんびり
普段の生活にゆとりを持ちながら

・ライティング
・ブログ
・アドセンス
・楽天、Amazon
・外注独自教材、企画
・コミュニティ

などで
余裕で毎月10万円以上を稼いでいます。

他も合わせたら
最高月収67万円ほど稼ぐことができました!!

 

ですが過去の自分は

 

・留年、休学、復学、退学
・うつ病
・自律神経失調症
・引きこもり
・ノウハウコレクター
・不当解雇

と散々なものでした。

 

過去の自分の様に苦しんでいる人に
何かしらのキッカケ、ご縁を結ぶ為に
無料特典をお渡ししています。

私は特典でお渡ししている
ライティングやブログを学んだら
人生がどんどん好転していきました。

 

それを実践してる人達が
徐々に人生が良くなっているのをみて
本当に嬉しいです。

 

私自身も2022年1月に入籍
10月に結婚式を挙げました。

 

今はPC一台で
1日60分程度の作業で
毎月10万円〜67万円まで
稼ぐ力も身に付きました。

 

そんな経験をしてきた自分だからこそ
伝えられることがあるんじゃないか?と思い
情報発信を始めました。

 

・在宅でやりたい
・副業で稼ぎたい
・失敗したくない
・お金ない
・時間ない
・続かない
・ライティング、ブログで稼ぎたい
・記事を書くのが疲れた
・外注化?なんか大変そう、、不安、踏み切れない
・ノウハウコレクターを抜け出したい
・現状、自分を変えたい

 

と思ってるいる方は
有料級の豪華特典を無料でプレゼントしていますので、ぜひぜひお受け取りください。

 

全て無料でプレゼントさせていただきます。

https://dasi01.jp/p/r/50PC2UnS

\予告なく終了する前にどうぞ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。